介護リフォーム

介護リフォーム

日本は、長寿化の進展に伴って、介護を必要とする高齢者の割合が飛躍的に増加してきています。
介護リフォームとは、かけがえのない大切な家族が、安全で快適な暮らしを送るために、住環境を改善するためのリフォームです。
ヨコタホームでは、バリアフリー化や階段、バスなどの手すりなど、介護が必要な方や支える家族にやさしいリフォーム計画のご相談も承っております。お気軽にご連絡ください。

こんな方にオススメです!!

  • 介護の必要な家族がいる
  • 日々の介護負担を少しでも減らしたい
  • 安全性を高めたい(転倒やつまづき防止など)
  • 新築や他のリフォーム工事と併せて行いたい

介護保険を活用したお得な介護リフォームがあることをご存じでしょうか?

kaigo-img1年齢を重ねると、ちょっとした段差につまずいて転倒したり、階段から転落したりと、さまざまな家庭内事故が発生する可能性が高まります。介護保険では、そのような事故を未然に防いだり、介護を必要とする方の負担を少しでも軽くなるように、介護リフォームへの補助金や助成制度が用意されています。

介護を必要としているご家族の方には、ぜひ一度チェックしていただきたいと思います。

どんなメリットがあるのか

住宅改修の支給対象となる工事費用の9割が支給されます。(但し、支給額の上限は18万円まで)
つまり、20万円までの介護改修については1割の自己負担でリフォームすることができます!!

どんな人が対象となるのか

  1. 要介護認定で、「要支援・要介護」と認定されていること
  2. 改修する住宅の住所で、要介護認定者が実際に生活していること
  3. 改修する住宅の住所地が被保険者証の住所地と同一であること

1~3の条件を全て満たす必要があります

対象となる具体的な工事内容

手すりの取付
廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路など
段差の解消
敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、 浴室の床の嵩上げが想定されるもの
滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
居室においては畳敷から板製床材、ビニール系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、 通路面においては滑りにくい舗装材への変更など
開き扉から引き戸への変更
扉全体の取替えの他、ドアノブの変更や戸車の設置など
洋式便器等への便器の取替え
和式から洋式便器に取替える場合など

工事案作成・実施~補助金申請まで、弊社担当者が責任をもって、ケアマネ-ジャ-の方と相談し、
進めさせて頂きます!!

お問い合わせバナー

ページトップへ